So-net無料ブログ作成

QOLと後遺症のない癌治療

癌は怖い病気です。
命に勝るものはないわけですから、癌の治療は他のすべてのものに最優先します。
肉体的、精神的苦痛や莫大な治療費は、癌患者本人だけでなく周りの家族をも塗炭の苦しみに陥れます。
これらの苦しみにどこまで耐えられるか?
それでも癌に負けてはなりません。
負ければ全てが終わりです。

  ⇒ 手遅れじゃありません!! 今すぐ申し込んでください。

癌ともなれば当然病院でお世話になるわけです。
手遅れでなければ当然手術ということになります。
さて、そこで外科的処置を受けた後はどうでしょう。
大切な臓器を摘出された後、これからの生活はいったいどうなるのでしょうか?


たとえば肺を摘出されたら?
呼吸に甚大な障害を及ぼすのは間違いありません。
駅の階段を今まで通りに登れますか?

食道や胃を摘出されたら?
今まで楽しみにされていた食事が苦痛になるかもしれません。

膵臓、胆嚢、肝臓、大腸、乳房、子宮、前立腺、ほとんどが生存に欠かせない臓器ばかりです。
生存には直接関係しない生殖器官もありますが、これを摘出してしまえば何のために生存しているのか? ということになります。

この世に生まれてきた甲斐がありません。
どんなきれいごとを並べても、しょせん人間は動物で生殖活動がその行動を決定づける最大の要素です。
生殖活動の伴わない生活にいったいどんな魅力があるというのでしょうか?

愛とか、恋とか、結婚とか、男女間の営みは人間として生きる上での重要なテーマになっています。
偉大な芸術作品の多くは、人間の生殖活動を基本としたこの男女間の心情や出来事をテーマとしているのはご存じの通りです。

臓器には不必要なものは一つとしてありません。
全てが連携して、あなたというかけがえのない存在を構成しているのです。
できうる限り臓器の摘出は避けたいものです。
でも命に危険が迫っているのです。
命を救うためとは言いながら、これらの臓器を部分的にでも摘出してしまうわけですから、その後の生活の不自由さや悲惨さは想像に難くありません。
これらのことについては既に申し上げた通りです。




さらにその上、癌の治療は手術・臓器の摘出だけにとどまりません。
体のどこに潜んでいるか分からない癌細胞を一掃するために、化学療法(抗がん剤治療)がおこなわれます。
抗がん剤や放射線治療の副作用の苦痛については、あなたがいちばんご存じのはずです。
まさに身も心もボロボロ、ズタズタになってしまいます。

抗がん剤の辛さは想像を絶するものがあるそうです。
生きた心地がしないそうです。
有名な医師の方々が抗ガン剤の効果には疑問を投げかけていますし、'自分がガンになったら抗ガン剤は拒否する'との見解を発表されています。
最近こうした書籍が何冊も出版されていますからご存知の方も多いはずですね。
抗がん剤に苦しむ患者さんを一番身近に見られている医師の方がたのお話ですから、抗がん剤の効果はそれほどではないのでしょう。
気休め程度の効果しか期待できないのが分かっているので、医学界に身を置く人たちが多くの疑問を投げかけているのでしょう。

それでも医療現場で抗がん剤治療はごく一般的に行われています。
患者の苦痛を見かねた家族の方が抗がん剤治療を拒否する話は、あなたも一度や二度はお耳にされたはずですね。

しかしコレと言った絶対的な癌治療方法がない現在では、これらの方法がベストな治療方法となっています。




まだ恐ろしいことがありました。
そう、癌の再発です。
あんなに苦しんできたのに!
今でも手術の後遺症が残っているのに!
抗がん剤や放射線の副作用で死ぬような思いをしたのに!
癌はいつ再発するのか!
この恐怖に体も心も休まる暇がありません。


 ⇒ 理想の癌治療は、あとくされも後遺症もなく、癌が完治することです。
















癌 後遺症
癌 後遺症







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます